にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ banner_21.gif

2016年05月15日

切なすぎる結婚記念日『デスパレートな妻たち シーズン8』#8 感想

『デスパレートな妻たち シーズン8』
2011年9月〜2012年5月 アメリカ・ABC
第8話 ★★★★★
『Desperate Housewives Season8』

《キャスト》
メイン
テリー・ハッチャー
フェリシティ・ハフマン
マーシャ・クロス
エヴァ・ロンゴリア
ブレンダ・ストロング
ダナ・デラニー
ヴァネッサ・ウィリアムス
レギュラー
ジェームズ・デントン
スティーブン・カルプ
リカルド・アントニオ・チャビラ
マーク・モーゼス
アンドレア・ボーウェン
ダグ・サヴァント
リチャード・バージ
カイル・マクラクラン
ショーン・パイフロム
キャスリン・ジューステン
ケヴィン・ラーム
タック・ワトキンス
ジョナサン・ケイク
マディソン・デ・ラ・ガーザ
チャールズ・メジャー


第8話「カンバスの自白」
スーザンの絵が芸術として認められてしまう。そしてなんと、画廊に飾られて売られることに!「見せるために書いたわけじゃない」と焦ったスーザンは友人にヘルプを求める。お金持ちのブリーとガブリエルが絵をすべて買い取って飾るのをやめさせようとするが時すでに遅し。チャックが来て殺人を犯したシーンだろうと責められる。
なんでこの絵が芸術として認められるのか全く理解できないけど、まあ芸術なんて素人が理解できるものじゃないしね。ブリーとガブリエルがさらっと買い取ったのはさすがだった。かっこいい。
チャックは本当イラつくキャラだわ。完全にブリーにふられた腹いせをしているだけじゃん。そしてチャックのことを黙っていたブリーはまた友人たちに責められてしまった。ブリーも色々みんなのことを考えて行動しているのにね。

スカーボ夫婦の結婚記念日、リネットの元へ毎年お決まりの花が送られてくる。トムはまだ自分に気がある!と思ったリネットは同じくお決まりであるウイスキーを持ってトムの部屋へ忍び込む。
リネットがトムを待っていると、ジェーンと入ってきて行為をはじめそうになる。隠れていたリネットは我慢できず出て行くと、ジェーンとトムはドン引き。花のことはトムが結婚記念日を大切に覚えいていたわけじゃなく、毎年定期便で送っていただけだった。
喜んでオシャレしたリネット可愛かったのに…これは可哀想すぎる。トムは完全に結婚記念日忘れていたのかな。ジェーンとすごしていたくらいだしね。ジェーンとエッチしようとしたらベッドの下にリネットがいたとかただの恐怖だろうけど、まあこれはトムが悪いかな。そりゃ勘違いするわ。今までも覚えていたわけじゃなくて定期便だったんかい!っていうね。

アルコール依存になったカルロスは休職。ガブリエルは休養してほしいと思っていたが、会社には虎視眈々とカルロスの地位を狙っている人がいた。ガブリエルはそうとは知らず大切なクライアントをその男に任せてしまう。
男はクライアントにカルロスが嫌われるようアルコール依存について話すが、そのクライアントもアルコール依存だった過去があり、彼はカルロスに「自分のように君も克服したほうがいい」とリハビリ施設に入ることをアドバイス。
今は仕事よりもカルロスの身体のことが大切だもんね。クライアントが理解のある人でよかったなあ。しっかりリハビリ施設に入ってなおしてほしい。カルロスならまた復帰して稼げるさ!


posted by もも at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック