にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ banner_21.gif

2016年01月31日

このまま突っ切って欲しい『家族ノカタチ』#2 感想

『家族ノカタチ』
2016年1〜3月期 TBS・日21
第2話 ★★★☆☆(3.5)


脚本:後藤法子
監督:平野俊一、酒井聖博、松田礼人

《キャスト》
香取慎吾
上野樹里
水原希子 荒川良々
千葉雄大 柳原可奈子
中村アン 水野美紀
風吹ジュン
西田敏行

《視聴率》
第1話 9.3%
第2話 9.0%

--------------------

第2話「元夫はストーカー!?俺の城に危機迫る!」

1話よりもよかった!展開は読めるんだけど、演出が良かったと思う。浩太を迎えに行くってことはわかってたんだけど、それでも嬉しそうな浩太みて感動しちゃった。私簡単だわ。。ありがちならありがちで、そこを突っ切っていって欲しい!

それにしても大輔父もハナコ母もとんでもなく迷惑な親だな。親しき仲にも礼儀ありだろう!それでも家族だから邪険にできないし、いいところもあるっていうのはわかるけど、私が2人の立場だったら2人以上に発狂する。
大輔父は息子の家だけじゃなくてハナコの家にも勝手に入るとか…常識がなさすぎる。しかも魚さばくなんて、臭いどうするんだよ!
燻製は美味しそうだったけどね。燻製食べた大輔の顔よかったねえ…。それ見て黙っていられない父も可愛かったわ。

西田敏行の演技がうますぎてすごくイライラする。うますぎるっていうのも考えもんだわ。

それにしても浩太は散々な家庭なんだねえ…。母は失踪(とはいっても居場所はわかってる)、伯父は甥を施設に入れようとする、どんだけ邪魔にされてきたの。大輔父はどこがよくて浩太母と結婚したんだろう?母はなんで失踪もどきみたいなことしているの?

ハナコはバツイチなんだねえ。大輔と同じかと思ったら違うんだ。一度失敗したからこそもう結婚しない!ってなってマンション買ったのかなあ〜。

タグ:★3.5 ドラマ
posted by もも at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リー社長が息抜きになってる『ナオミとカナコ』#2 感想

『ナオミとカナコ』
2016年1〜3月期 フジ・木22
第2話 ★★★★☆


原作:奥田英朗『ナオミとカナコ』
脚本:浜田秀哉
主題歌:EXILE ATSUSHI + AI『No more』

《キャスト》
広末涼子
内田有紀
吉田羊
宮川一朗太 山路和弘
犬養貴丈 高畑淳子
佐藤隆太

《視聴率》
第1話 7.9%
第2話 7.7%
第3話 8.7%

--------------------

第2話「わたし、見つけたよ あんたの旦那を殺しても捕まらない方法…」

リー社長最高だな!高畑淳子すごすぎる!リー社長のシーンなかったら暗すぎてこのドラマ見ていられないかもしれないけど、こういうキャラを投入するのは上手いな。
ナオミはあんな簡単にリー社長の保証人になるなんて大丈夫?まあ、大したことない保証人だからかもしれないけど、リー社長明らか怪しいのに簡単に決めすぎる…。まあ、リー社長とは黒い友情で結ばれ始めているからこれでいいのか。

ナオミはリー社長の頼みもすぐ引き受けちゃうし、顧客の犬預かるし、達郎に客紹介するのも…。いつか騙されそうな気がするけど大丈夫か?達郎姉にも使われそうな雰囲気プンプン。でもこうやって引き受けて客に信用させて、自分の商品買ってもらうっていうスタイルなのかもな。

達郎はDV野郎な癖に子供作りたいのか。こんな男、子供作っても絶対そっちに暴力ふるうよな。ピル飲んでるカナコは正しい。でもピル飲んでることなんて不妊治療なんかはじめたらいつまでも隠していられないでしょう…。バレたら大変なことになりそう。
それにしてもDVシーン壮絶だなあ。達郎はどこまで冷酷な男なの?「二度としない」って言って帰って来てこれかよ。同じマンションの人をカナコが褒めただけでキレるなんて、コンプレックスの塊なんだろうなあ。

リンさんは訳ありなんだねえ。密入国者だったとは。やっぱりリンさんを利用して達郎を殺すんだろうけど、密入国者なら更に都合がいいね。
佐藤隆太はDV役はうまいんだけど、中国人役は高畑淳子がうますぎて残念に見える…。佐藤隆太もがんばってるんだけど、相手が悪いわ。

posted by もも at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これ助かったんじゃ?!『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』#3 感想

『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』
2016年1〜3月期 日テレ・水22
第3話 ★★★☆☆(3.5)

脚本:吉澤智子、徳永富彦、池上純哉、松本美弥子、荒井修子


《キャスト》
堀北真希
檀れい 知英
高梨臨 YOU
DAIGO 高橋恵子 市川知宏
木本武宏 平山浩行 佐野史郎
大地真央

《視聴率》
第1話 11.2%
第2話 10.6%
第3話 11.2%

--------------------

第3話「ママはぼくが守る…カリスマ主婦に隠された真実」

なんだか段々面白くなってる。演技が慣れてきたのか?私が慣れてきたのか?超能力は置いておいて、事件も結構丁寧に作っているしね。これシンクロ能力必要あるかな?主人公のトラウマを最後にやりたいから訳ありにしたいのかもしれないけど、別に超能力がなくても成立するドラマだと思う。まあ、能力がなかったらこんな無愛想な女がずっと警察にはいられないか?

キャラは段々たってきたね。来宮のキャラはやっぱり微妙だとは思うけど慣れてきたしやっぱり堀北真希はカワイイ。伊藤はパソコン担当なんだね。今まで柳とだべってるだけで外にも出ないしなにしてるんだろうと思ってたけど、今回はブログから生活範囲割り出したり、ちゃんと仕事していた。長見は言うまでもなくちゃんと仕事はしているし。ジヨンカワイイね、でも顔が大きいのがすごく気になる。周りが小さいんだろうけど。
それでもまだ柳はいる意味が無いような。別にプロファイル事件解決に役立ってないじゃん。あと瀬川もいる意味が…大地真央はこれでいいのか?今後どんどん出てくるの?

紺野まひるはカリスマブロガーの主婦役。「BOSS」の犯人だった松下由樹みたいに、実際は家庭崩壊してて息子と2人きりなのかと思った。夫は上海とか言ってたし。でも夫について何も言及されなかったから、きっと家庭崩壊しているわけじゃないんだね。夫がいない寂しさでブログはじめて、仕事頑張ってたのかな?料理うまいはずなのに家にはほとんど食材がなくて、子どもがお腹空かせて他人に食べさせてもらうほど飢えさせるってどういうこと?息子あんなにカワイイのに。

被害女性はあまりにも可哀想だなあ…。匿名で書いていたブログだったのに、死んだから自分が書いていたってバレて、嘘つきと叩かれる。顔出ししているわけじゃなかったのに、そこまで叩くことかね…。まあでも、犯人が逮捕されて、被害者がしていたことやその理由(流産、破談)も公になれば同情されるかな。

それにしてもこれは被害者があの場で救急車呼んで助かっていれば殺人事件にさえならなかったのでは?家まで歩く元気があったなら、救急車呼んで助かったような気がする。そしたら被害者だってかわいがっていた犯人の息子は、犯罪者の息子にならなくて済んだのにね。助かってなんで怪我したかって聞かれたって、適当な嘘つけばいいだけじゃない。

というか柳は母親だったんだね?!どう見ても母親に見えないけど、まあいいか。。

posted by もも at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

安定のムロツヨシ!『悪党たちは千里を走る』#1 感想

『悪党たちは千里を走る』
2016年1〜3月期 TBS・水23
第1話 ★★★☆☆(3.5)


原作:貫井徳郎『悪党たちは千里を走る』
脚本:渡辺真子

《キャスト》
ムロツヨシ
山崎育三郎
黒川芽以
光石研
中村靖日 夙川アトム
林みなほ 紺野まひる
堀部圭亮 大空利空

《視聴率》
第1話 2.3%
第2話 3.0%

--------------------

第1話「何で俺が誘拐犯に!?」

ムロツヨシ主演っていうことで、思った通りのコメディドラマだった。ムロツヨシ安定の面白さ!
山崎育三郎はよく出てるね〜。「下町ロケット」のヒットのおかげっていうのもあるけど、安倍なつみはアゲマンなんじゃない?まあ売れる見込みがあったから結婚に踏み切ったのかもしれないけど、結婚した途端こんなに仕事が順調っていうのもすごい。成宮寛貴に似てイケメンだし、一定の需要がありそうだよね。
黒川芽以久しぶりに見たなあ。まあでも最近もちょくちょくテレビ出ているんだね。顔は変わってないけど、色っぽくなったね。派手顔だ〜。

普通の会社員だった男が会社をやめて、誘拐犯になる話?!お金持ちのボンボンである少年の犬を誘拐しようとしたけど、少年が仕掛けた盗聴器で少年に計画がバレ、「僕を誘拐しなよ」と提案される。
犬の誘拐って何かのドラマであったよねえ。なんだっけ…。演技は下手みたいだけど、盗聴器仕掛けたり、なんだか頭のいい少年みたいだね。自分をアクセサリーにしている親たちが、自分を愛しているかわからないんだな。親は金かけたりコネを子どもに使わせることで愛を表現しているつもりなのかもしれないけど、それは愛じゃないよなあ。

紺野まひるもなんだか最近よく出るね。見栄っ張りな母親役ばっかりだ。幸薄っぽいからこういう役似合うのかも。美人だしね!幸薄女優さんは美人じゃないといけない。
大空利空くん可愛かった!他のドラマでも見たことあるけど、いつの間にか大きくなってる。すごく足が長いんだねえ。最近の子はみんなこうなのかしら?ドヤ顔で盗聴器の話している顔が一番かわいかった。

「僕を誘拐しなよ」っていっていた少年が、本当に誘拐されたらしい。しかも誘拐犯は主人公に電話をしてきて、お前が誘拐犯だ、と。これは少年の自作自演?それとも。。

posted by もも at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北大路欣也が楽しそうでいいね!『フラジャイル』#2 感想

『フラジャイル』
2016年1〜3月期 フジ・水22
第2話 ★★★★☆


原作:草水敏、恵三朗『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』
脚本:橋部敦子
主題歌:TOKIO『fragile』

《キャスト》
長瀬智也
武井咲
野村周平
小雪
北大路欣也
津田寛治

《視聴率》
第1話 9.6%

--------------------

第2話「天才病理医が救う命その時救命救急で何が起こったのか?空白の時間に潜む驚きの病」

やっぱりテンポがいいドラマは面白い!対立もわかりやすいし、敵となる医者が根から悪い人じゃないパターンもよかった。みんな志をもって医者になっているはずだし、誤診をしたくてしている人なんていないはずだもんね。

救命救急の医師は時間との戦いだし、次々人は運ばれてくるし、助けられない人だって何人もいるだろう。他の医師に比べても、診断に時間をさく余裕が無いんだろうなあ。一瞬で判断して治療しないと、回せない。でもだからって、思い込みで間違った診断をしてもいいということにはならない。難しいけど、それが仕事だから仕方ないね。
普通の医師は8割、救命医は6割診断が合っていればいいと言っていたけど、それを本人たちが言って逃げ道にしちゃだめだよなあ。全部合っている、10割を目指さないと。

宮崎は全く違う職種になったようなものだから大変だね!まだ病理医として何もできてはいないみたいだけど、勉強家だし、段々ものになっていくだろうね。まあでも森井が残業しまくりで大変そうすぎるから、医師よりも検査技師を増やせば?とは思っちゃうな。でも岸についていけなくて、検査技師を増やしたところで定着しないのかもね。

岸は定時に帰宅して、飲み会も来ないで、家でなにしてるんだろう。何か秘密があるのかな〜。

北大路欣也が楽しそうに演じていていいなあ。ソフトバンクCMのお父さん以外はほとんど眉間にしわよせているような役ばっかりだもんね。今回はなんだかチャラいおじさん役で、意外に合ってる。
みんなコメディ楽しそうだからいいけど、野村周平だけはなんだか棒読みで微妙…。

タグ:★4 医療
posted by もも at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

低視聴率すぎる…『わたしを離さないで』#2 感想

『わたしを離さないで』
2016年1〜3月期 TBS・金22
第2話 ★★★☆☆(3.5)


原作:カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
脚本:森下圭子

《キャスト》
綾瀬はるか
三浦春馬
伊藤歩
水川あさみ
真飛聖
甲本雅裕
麻生祐未

《視聴率》
第1話 6.2%
第2話 6.2%

--------------------

第2話

ネタバレ見ないつもりだったけど、別に制作側も隠す気はないらしい。低視聴率を報じたニュースにも臓器提供の話とさらっと書いてあった。それ以上の秘密は特にないのか。この子たちは臓器提供者として生まれ育てられた子たちで、いい臓器提供者となるためだけの教育をされている。しかもそれがこの学校の外の人たちにとっては当たり前のことみたいだ。

それにしてもものすごく視聴率が低いね。1話はラピュタ、2話は魔女宅と大奥をぶつけられて、完全にやられてしまった感じだね。金曜のTBSドラマは見応えのあるドラマが多くてドラマファンには人気のある枠だとは思うし、制作側もこだわっているのが伝わってくるだけに残念だね。まあでも魔女宅にはそりゃ負けるよなあ…。魔女宅は18.8%、すごすぎ。バルスで煽ったラピュタよりすごいとは。

綾瀬はるかでこんな大コケ初めてじゃない?まだ子役しかほぼ出てないし、三浦春馬なんて喋ってもいないから次回から始まるようなもんなんだけどね。スタートで2話も見逃したら、1話完結ものじゃないしこれから見ようって人は少ないよなあ。それに3話も大奥あるよね…。まあかくいう大奥も完全に魔女宅に敗北して9.6%だからコケてるんだけどね!でも話題にはなってたからこれよりも大奥二部見る人のがいそう。。まあ中身で勝負!ということでこの際振り切って考えて、もう視聴率は気にせず思う存分こだわりまくってほしい。

子役の子たちお疲れ様です!今回もいい演技だった。2話も子役に使うのはすごいねえ。
前回いじめられてたトモはサッカーを通じて仲良くなったらしい。でもそのせいでトモの好奇心が友達2人にうつり、悲しい結果になってしまった。

塀の外に出たら殺人鬼に殺されるというのはあながち嘘でもなかった。2人は靴につけたGPSで場所を突き止められて、言いつけを破った罰で子供の提供者として連れて行かれてしまったんだね。大人の提供者がいるなら子供の提供者だっているに決まっているか
校長や先生が洗脳のように子供を縛り付けるのは、子供達のため?純粋にそれだけのようには感じないけど、間違いではない。新任のやったことは、結果的に2人の命を縮めたんだから。好奇心を持たなければ、2人はあと何年かは提供者にならず生きられたんだもんね。
まあでもいつか提供者になる未来が変わらないからその命を数年長くさせることにどれほどの意味があるんだろうと疑問に思う。幸せになれる未来はないから、よくわからないうちに提供者になった方がまだましなんじゃないか

美和は嫉妬でキョウコを嫌うようになったみたいだね。マダムに選ばれたり、先生に褒められたり、自分より優秀で好かれるキョウコが憎かった。CDを盗ったのも美和で、新しいCDをプレゼントすることでみんなに褒められたかったんだ大人になった美和はCDを盗ったのが自分だとキョウコに言わせて何をしたいんだろう?

次回からやっと3人が出てくるね!子役からいきなりはなんだか大きくなりすぎな気がするし、何歳設定なのか謎だけど、いよいよ本編という感じだね!
どうしてキョウコが介護人で、トモや美和は提供者なんだろう?キョウコは提供者にはならないのかな?

posted by もも at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面白かった!テンポがいい!『お義父さんと呼ばせて』#1 感想

『お義父さんと呼ばせて』
2016年1〜3月期 フジ・火22
第1話 ★★★★☆


脚本:林宏司
主題歌:超新星『Yell』

《キャスト》
遠藤憲一
渡部篤郎
蓮佛美沙子 和久井映見
山崎育三郎 中村アン

《視聴率》
第1話 9.6%

--------------------

第1話「お義父さん、娘をもらっていいですか」

面白かったー!!エンケン最近絶好調だな。「民王」も面白かったけど、これも「民王」っぽいエンケンが見られるから嬉しい。エンケン可愛すぎるよー!!若い彼女がおじさんだけどカワイイ保を好きになっちゃう理由がなんとなくわかった。だからといって、結婚はちょっとなあと思うけど。

渡部篤郎の外ではカッコイイけど実はちょっと情けない父もよかった。子どもたちは、パパのことは家庭を顧みない仕事人間と思っているみたいだね。まあでも娘が彼氏いることを知って明らかに動揺したり、愛はあるみたいだけどね。イケメンで仕事ができる父、綺麗で優しそうな母、できる娘・息子、美人でモデルの娘、本当に絵に描いたような幸せ家族だね!
幸せ家族を自負して、完璧な人生だと思っていた父が、自分と同い年のしがないサラリーマンな義理の息子なんて許せるはずないよねえ。というか同い年の息子なんて、娘のためを思っても嫌だよね。
これから義理の息子と父がどうやって対決していくのか楽しみだなあ。

このドラマ、保がカワイイからなんだか若い娘とお似合いな感じするけど、普通に超歳の差カップルだよね!しかも娘が保のこと大好きという。おじさんに活力を与えるドラマなんじゃないか?まあ、父に大反対されているから微妙かもしれないけど。

父と保だけじゃなくておじいちゃんも面白かったなあ。このドラマ、テンポがすごくいい!役者同士がみんな上手いからだろうなあ。セリフのテンポが絶妙でちゃんと笑える。これをミスるとすべるからね。

現実的に考えると、アラフィフの男とアラサーにもならない娘が結婚って色々ハードルあるよねえ。父が同い年なんてことは置いておいて、50歳じゃ定年も近いし、確実に妻よりも早く死んじゃうよね。子どもだってすぐ産んだって20歳のころには70歳…。お金の問題もある。。父が反対するのも無理ない。父と彼氏が嫌がるのがわかっていて、娘は彼氏には父が70代、母には彼氏は26歳って嘘ついていたんだろうな…w

娘と父が喧嘩した後の手紙はホロリときたのに、保オチで裏切られた!!w 保字綺麗すぎるわー!!母の「この子の字はミミズみたいな字じゃない!」に笑った。保は乙女なんだな。次回も楽しみ!

posted by もも at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする