にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ banner_21.gif

2015年08月28日

幸せな気持ちになれる!『幸せになるための27のドレス』 感想

『幸せになるための27のドレス』
2008年 アメリカ ★★★★☆(4.5)
原題:『27 Dresses』
監督:アン・フレッチャー

《キャスト》
キャサリン・ハイグル
ジェームズ・マースデン
マリン・アッカーマン
ジュディ・グリア
エドワード・バーンズ
--------------------
『プラダを着た悪魔』スタッフのラブコメ映画。
この頃のラブコメ映画面白かったな。
最近のラブコメはパッとしない…。
最近は過去の名作の続編大作映画が多いから、こういうラブコメは少ないのかも。
後は『シンデレラ』とかの童話の実写映画が流行っている印象。
そういう大作も好きだけど、こういう軽く見れて幸せな気持ちになれるラブコメ大好きだからまた面白いのが出てきて欲しい!

この映画、ただのラブストーリーじゃなくて姉妹ものだから感情移入してしまった。
私も2人姉妹で姉がいるから、ついつい姉妹ものは妹に感情移入しちゃう。
今回も、ワガママだビッチだ言われていたけどテスにちょっと感情移入しちゃった。
テスもジェーンも、ずっとお互いが羨ましかったんだろうな。
姉妹って一番仲の良い友達でもあり、一番のライバルでもある。
テスはきちんとしていて仕事も完璧で品のいい美人な姉が羨ましかった。
ジェーンはキラキラしていて可愛くて、モテモテで自由な妹が羨ましかった。
同じ人を好きになっちゃったのも、姉妹ならではというか、なんだかんだで似ている姉妹なのかもね。

ジェーンはずっと会社のボスであるジョージに惚れていた。
ジョージにとってはものすごく優秀でツーカーで通じるいい部下でしかなかったけれど。
ジョージの思いをツーカーでこなせたのは、ジェーンがジョージのことを愛していたから。
なんで気付かないかね?w
そんなジェーンの妹と一瞬で恋におちるとは…。

ジョージは見る目がないと思う。
テスとジョージはお互い一目惚れのように惹かれ合った。
テスは確かにジェーンの言うとおり嘘をついた。
ベジタリアンじゃないし、アウトドアも好きじゃない。
でも恋をする上で、相手の好きな女になりたいって思うっていけないこと?
結婚って女にとっても大変なこと。
それを決意するほどの男ってことは、ジョージにガチで惚れていたんでしょう。
テスがジョージについた嘘って、ジェーンが仕事面でジョージを支えていた行為と同じことなんじゃないかな。
2人が喧嘩して仲直りできてよかった!
テスの本音を聞けてジェーンも反省しただろうし。
ひどいことしても仲直りできるのが姉妹だよね。
友達だったら、婚約パーティであんなことしたら二度と会えないわ…。

8歳で結婚式に魅せられて、27着ものドレスを着てブライズメイドをしたジェーン。
結婚式で花嫁をサポートすることに命をかけてきたジェーン。
結婚式って確かに幸せだけど、あそこまで一生懸命になれるってすごい。
私もこんな風に自分の結婚式をサポートしてくれる友達がほしいわw
友達も変なドレスを着せたけど、ジェーンには感謝しているでしょう。
ジェーンの結婚式には、今までジェーンが着たブレイズメイドドレスを着た友達がずらっと並んでいて面白かった。
あのドレス捨てたのかと思っていたけど、やっぱり捨てられなかったんだね。

結婚式のおかげで、ジェーンは運命の人と出会えた。
運命の人と、結婚式の好きなシーンまで一緒とか素晴らしい!
イケメンだし、優しそうだし、よかったね。
ブライズメイドしまくってる痛い女として新聞に載っちゃったのは可哀想だったけど、その後超幸せな結婚したことも載ったからよかったね。
ケヴィンとジェーンが再会した結婚式の花嫁が可愛くて好きになったww

日本にはブライズメイドってあんまり浸透していないけど、アメリカでは一般的なんだよね。
特に仲の良い友達が同じドレス着て隣に立つ。
みんな「短くしたらまた使えるのよ!」って言ってて面白かった。
所詮は、花嫁を際だたせるための衣装w
でもジェーンの結婚式のブライズメイドドレスは普通に可愛かったな!

タイトルって大事だな〜ってつくづく思う。
原題の『27Dresses』だけだったらどんな映画かわからないし、見たい欲もあまり沸かないかも。
アメリカではシンプルなタイトルが一般的というか、かっこいいと思われてるみたいだけどね!
『アナと雪の女王』も『Frozen』じゃ微妙だっただろうし、『カールじいさんの空飛ぶ家』も『UP』じゃヒットしなかったと思う。
タイトルも宣伝の一部だから、その国に合わせなきゃいけなくて大変だな!

posted by もも at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

窪塚が死亡…傷心の玲奈『探偵の探偵』#8 感想

『探偵の探偵』
2015年7〜9月期 フジ・木22
第8話 ★★★☆☆(3.5)

《キャスト》
北川景子
川口春奈 三浦貴大
DEAN FUJIOKA
六角真司 伊藤正之 高山侑子
渋谷謙人 芳根涼子 阪田マサノブ
相島一之 中村ゆり
佐戸井けん太 高岡早紀
ユースケ・サンタマリア
井浦新

《視聴率・レビュー》
第1話 11.9%
第2話 7.5% 
第3話 8.7%
第4話 8.7%
第5話 7.4%
第6話 6.5%
第7話 8.2%
第8話 5.4%


第8話「最終章突入!反撃の始まり」
視聴率下がったなあ…。
浮き沈みが激しいけど、夏はドラマ全体が本当にひどい。
どんどん飽きられている感じ。
『花咲舞』の完全な一人勝ちだね。

前回野放図のメンバーに刺された窪塚は死んでしまった。
小さい娘がいるのにこんなあっさり死んでしまうとは。
娘が塞ぎこんでいるようで可哀想だった。
玲奈が授業参観に来たことで笑顔が戻ったけど、玲奈はずっとこの子を見守れるわけじゃないしね…。
今回のことで、玲奈は警察に更に目をつけられる結果となった。
玲奈に協力したせいで窪塚が死んだんだから当たり前か。

野放図から聞き出した死神の名前は澤柳ナナ。
澤柳ナナは、過去に阿比留が調査した相手だった。
阿比留が調査しても、しっぽをつかめなかった女。
女は過去に、金を持っているけど人付き合いのない男と結婚してすぐに殺した疑いがあった。
探偵としての技術を人殺しにつかい、お金を受け取っていた。
対探偵科は澤柳を追いかけることとなった。

今回は琴葉が探偵デビューしていた!
窪塚死亡で休養していた玲奈のかわりに。
琴葉は玲奈をいつも見ていたからか、しっかり探偵やれていたね!
川口春奈キリッとした美人だから強い役合ってるわ。

次回は門脇麦が出てくるらしい。
門脇麦が澤柳かもと思ったけど違うのかな?
門脇麦はまだ若々しいから妻って感じしないんだよなあ。
澤柳は24で夫が溺死したから、今はいくつなんだろう?
門脇麦じゃ若すぎる?



posted by もも at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

卒業生が出てくるとプレミア感が出るね『マジすか学園5』#1〜2 感想

『マジすか学園5』
2015年8月〜配信 日テレ・Hulu
第1話〜第2話 ★★★☆☆(3.5)
AKB48出演『マジすか学園』シリーズ
OP:AKB48『ヤンキーマシンガン』
ED:AKB48『群像』

《主なキャスト》
宮脇咲良
島崎遥香
竹財輝之助 田中幸太朗
やべきょうすけ 岡田義徳
袴田吉彦 リリー・フランキー

《視聴率・レビュー》
#1
--------------------
8/24に第1話、第2話のみ地上波で放送。
その後はHuluで配信。
『ラストコップ』みたいに最初だけ宣伝で地上波放送してその後はHulu。
Huluの宣伝最近すごいね〜。
『マジすか学園』は何シリーズもあるけど、なんで5だけネット配信になっちゃったんだろう?
Huluへの集客が望めると思ったのか、もう地上波でやるほど価値はないと思われたのかどっちかだね。
普通に地上波で見たかったわ。

今回はAKB系列以外の俳優も出ていて、今までのマジすかとは一味違う。
なんだか映像自体も綺麗な気がする。
やべきょうすけ、リリー・フランキー、袴田吉彦とかが出てるからか、アイドル総出演の学芸会ドラマというよりも、ちょっと普通なドラマみたい。
まあ、演技に関しては本当に人それぞれで、ひどい子のが多いんだけど、そこは仕方がないだろう。

主演は島崎遥香&宮脇咲良で4と同じ。
完全に4の続編だね。
ソルト率いる”ラッパッパ”四天王はソルトが出席日数足りずに留年することが決まったため、そろって留年。
バカモノだけは出席日数の数えミスで卒業。
演じている川栄李奈がAKBを卒業しているからこの措置になったのかな?
それにしても、わざと留年ってww
この子たちの親はどうなっているんだ。
というか学費とか生活費とかどうしているのw

今回は学校同士の喧嘩ではなく、暴力団との抗争になるらしい。
今までの拳の戦いではなくて、鈍器や銃器も出てきている。
きっかけは、ゲキオコの生徒をヤクザが風俗に沈めようとして、アントニオが乗り込みに入ったこと。
アントニオやコビーも卒業しなかったのかな…?w
アントニオはヤクザに捕まり拉致され、監禁。
レイプされそうになったところで、ソルトが助けに来る。
ソルトはやっぱりアントニオよりも全然強いんだな!
1人でヤクザ相手に大立ち回り。
ヤクザに目をつけられてしまう結果となる。

ヤクザに恨まれたということで警戒するラッパッパだったけど、ソルトは「退屈しのぎ」とあまり相手に気にしていない様子。
そして1人で歩いている時、何者かに撃たれ死亡。
1話で主演のはずのソルトが死ぬなんて思わなかったよ!
何かカラクリがあるのか?
でも新聞にも出て、お葬式までやってたよね。
OP映像見ると宮脇咲良よりもメインに見えるし、これからどうやって島崎遥香は出てくるんだろう?
ソルトのお葬式には前田、ブラック(柏木由紀)、トリゴヤ(小嶋陽菜)、優子、ねずみ(渡辺麻友)、センター(松井珠理奈)等卒業生も参列。
あっちゃん、大島優子とか、本当にAKBを卒業した人たちだったり、こじはるや柏木由紀とか今回メインで出てる子の先輩たちが出るとやっぱり豪華感が出るね。

ラッパッパはソルトとのことで竜頭組に手打ちを申し込まれる。
竜頭組は警察にもソルトと揉めたことで目をつけられているし、その直後に殺したりするかな?
バカモノが就職してしまったヤクザのフロント企業、明智総業が竜頭組を潰すために仕組んだんじゃないかな。
バカモノに銃を持たせてソルトの敵をとりにいかせて、バカモノまで始末していたよね。
これも竜頭組じゃなくて明智総業の仕業じゃないかな。
川栄李奈は卒業してあまり出れなくなるから早々に殺されたんだろうか?
これ毎回誰かが死ぬパターン?

ヤクザともめてソルトが死んだマジすかは、ヤバクネ高校に狙われていた。
アントニオをたすけられたゲキオコはマジすかに喧嘩を売ることはやめたため、ヤバクネだけになった。
ヤバクネのヘッド役の谷口めぐ、綺麗で雰囲気のある子だった。
セリフの言い方もGood!
永尾まりや、田野優花もいいね〜、強そうだ。
4の終わりは永尾まりやがヘッドなのかと思ったけど、違ったんだね。

全体としては、主演は島崎遥香と宮脇咲良というより、横山由依なんじゃ?と思ってしまうくらい目立ってた。
関西弁で迫力があるのも関係しているかな。
宮脇咲良は前よりも演技うまくなったけど、顔が気になった。
こじはるがかなり前にボトックスみたいなのをやったのか、顔がカチカチになってた時みたいな顔になってる。
なんていうんだろう、頬が硬そうというか、腫れているというか。
むくんでるだけなのかな?やっぱりあんまりかわいくない…。
メインのメンバーはやっぱり慣れてきたのもあるのか、演技があまりにもひどい感じはしなかった。
ラッパッパ、島崎遥香、宮脇咲良、高橋みなみ、山本彩あたりはやべきょうすけとかと一緒に出ててもあまり気にならない。
他の子も頑張ってほしいね!
やっぱりゲキオコとかヤバクネとかマジすかの下の子たちとかが出てくると、学芸会感が戻ってくるw
ファンにとってはこっちのほうがいいのかもしれないけど。

《その他キャスト》
マジ女
横山由依 入山杏奈 木崎ゆりあ
松井珠理奈 兒玉遥 大島涼花
高橋朱里 向井地美音 加藤玲奈
内山奈月 小嶋真子 大和田南那
川栄李奈 岡田奈々
ゲキオコ
山本彩 渡辺美優紀 矢倉楓子
白間美瑠 須田亜香里 谷真理佳
松村香織 吉田朱里 上西恵
ヤバクネ
谷口めぐ 古畑奈和 永尾まりや
武藤十夢 田野優花 川本紗矢
卒業生
前田敦子 大島優子 渡辺麻友
小嶋陽菜 高橋みなみ 柏木由紀

《シリーズレビュー》
2015年冬『マジすか学園4』
#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7

posted by もも at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

途中で寝てた『謝罪の王様』 感想

『謝罪の王様』
2013年 日本 ★★☆☆☆
脚本:宮藤官九郎
監督:水田伸生

《キャスト》
阿部サダヲ
井上真央 竹野内豊
岡田将生 尾野真千子
荒川良々 濱田岳
松本利夫 川口春奈 鈴木伸之
小松和重 笠原秀幸 美波
真飛聖 柄本時生 野間口徹
六角精児 中野英雄 白井晃
濱田マリ 嶋田久作 池田鉄洋
中村靖日 岩松了 広瀬すず
小野武彦 津嘉山正種
高橋克実 松雪泰子
--------------------
公開中の時、クドカンと竹野内豊に釣られて映画館に見に行った。
うーん、微妙。
面白かったけど、しつこかった。
映画館で見に行って途中寝るのなんていつぶりだろう…。

前半は普通に面白かったし、笑えたところもたくさんあった。
でも後半のどこかの国にいってからはしつこかったし、物語に飽きていた。
その辺から寝てたと思う。
クドカンの笑いはしつこいんだよな〜。
面白いんだけど、やりすぎとの境目が難しい。
もちろん当たると大爆発するくらい当たるんだけどね!
今回は私にはハマらなかった。

見た後は映画の中身よりも、E-girlsのPVしか印象にのこらなかったw
EDは丸々E-girlsのPVだった。
Amiちゃんの顔しか浮かばないよ!
『ごめんなさいのKissing you』はこの映画のおかげでヒットしたのかな?
E-girlsは結構出ている割に、ヒット曲は意外に少ない。
E-girlsを売るためには、映画のEDをPVのにしてプッシュするのはよかったと思うw
可愛かったし、目が醒めたw
阿部サダヲもPVの中で楽しそうだった。

ごめんなさいは日本の伝統芸。
「すみません」と謝りから入るのは日本人の特徴。
偉そうな態度よりは、そのほうがうまくいくからね。。
謝り上手は日本では生きやすいよな。

タグ:★2 コメディ
posted by もも at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

特攻にも色々な形があったんだな『妻と飛んだ特攻兵』 感想

『妻と飛んだ特攻兵』
2015年8月16日 日テレ・火21 ★★★★☆
戦後70年ドラマスペシャル
原作:豊田正義『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻』
脚本:岡本貴也

《キャスト》
堀北真希
成宮寛貴
八嶋智人 荒川良々
杉本哲太 小西真奈美
市毛良枝 羽田美智子
高島礼子
--------------------
いいドラマだった。
ボロボロ泣いたわ。
こんな史実があったなんて知らなかった。
この原作本は今年3月に刊行されたみたいだから、知らない人が多かったと思う。
特攻にもいろいろな形があったんだね。
戦争が終わった後に遠い海の向こうで特攻に臨んだ人がいたことも、女性を乗せて飛んだ人がいたことも全く知らなかった。
特攻のドラマはたくさんあるけれど、満州については初めて聞いた。
満州での戦争については『遠い約束〜星になった子どもたち〜』で去年やっていたよね。
最近はあまり描かれなかった満州についてドラマ化するのが流行りなのかな?

満州はソ連が侵略してくるまで平和だったんだね。
内地から満州へ行った房子が「申し訳ない」と思うほど、豊かとも言える生活をしていた。
満州で暮らしていた人たちが苦しんだのは、侵略した後、戦争が終わった後。
戦争が終わっても、ほんとうの意味で終わることはなかった地。

その満州で飛行訓練をしていた人たち。
特攻へ行く準備をしていた。
節夫は教官であり、妻の房子を青森から呼び寄せた。
戦争のまっただ中に満州に行くなんて大変だっただろうなあ。
房子が節夫と満州で過ごしたのは40日。
その間にソ連が侵略し、戦争が終わり、夫の特攻が決まった。
40日なんてあっという間と思うけど、結婚後1週間で離れ離れになった2人にとって40日は、かけがえのない、幸せな40日だった。

軍の命令は、「戦闘機をソ連に渡すこと」だった。
しかし、彼らは渡すふりをしてソ連の戦闘機に突っ込む計画をたてる。

戦争が終わったのに、特攻をする。
意味があったのか?
戦果はなかったと思う。
結局、彼らはソ連を止めることなんてできなかったし、満州の日本人が戦後辛い思いをしたことは変わりない。
でも彼らは意思を示した。
民間人を無慈悲に殺したソ連に復讐した。
彼らにとっては、意味のある特攻だったんだと思う。

もちろん全員が賛成していたわけではなかった。
妻や家族を遺して特攻したくないという人もいた。
それはそうだろう。
せっかく戦争が終わって、日本に帰って家族と過ごせるかもしれないのに、みすみす命を捨てる必要があるんだろうか。
結婚が決まった湯浅の必死の思いも、印象的だった。
でもそうやって守りたかった「家族」であるハナ。
ハナの母と一緒に日本に帰るよう湯浅は話していたけれど、もはや家から出ることさえ厳しい状況だった。
外に出れば、日本人というだけで中国人に襲われるだろう。
辱めも受けるかもしれない。
彼女は「ここでないところであなたと会いたかった」という遺書を残して、母と自決してしまった…。
湯浅は結局、最後の最後で特攻を決意した。
彼の行動はただの「後追い」かもしれない。
でも彼にとってはこれが「意思」だった。

40日一緒に過ごした節夫と房子。
房子は節夫が特攻するなら、自分を殺してほしいと頼む。
首に刀をあてる房子を止め、節夫は「一緒に飛ぼう」と。
当日、ずっともんぺを着ていた房子が、綺麗な白いワンピースを着て、日傘をさして歩いてきた。
夫の後ろに乗る房子。

女を軍機に乗せるのは違反。
しかし、仲間たちは黙認した。
房子と、節夫の気持ちを汲んで。
きみ子は反対するかと思った。
房子を非難するかと思ったら、自分も「夫に会いに行くため」小熊の後ろに乗って行くとは…。
小熊は最後まできみ子の思いが夫に向いていたのはよかったのかな?
軍機に乗った房子すごく綺麗だった。
これが新婚旅行よって…泣けるわ…。
堀北真希と成宮寛貴、綺麗なカップルだった。
さわやかで、すばらしい。
こんな妻がいたら、連れて行っちゃいたいと思うかもなあ。

開拓民たちに関しても描いていたね。
助けを求めて歩いた人たち。
必死に歩いたのに、日本軍には助けてもらえなかった。
助けてもらえないどころか、「自決用」の手榴弾を渡された。
生きるために歩いていたのに。
そして、ソ連兵に襲われる…。
襲われて生き残った人も、自決してしまう。
1人孫が生きていたのは、秀雄にとって助けになっただろうな。
その秀雄も孫をソ連兵から守って射殺。
孫だけは、家族の1人のところに辿り着いたみたいでよかったな…。

戦後、違反したとして、山内たちは「英霊」からははずされた。
しかし、彼らを守るため、責任をはたすために生きることを選んだ隊長たちの尽力によって、彼らの名誉が挽回。
「英霊」に入り、慰霊碑もたった。
彼らの思いが少しでも報われていればいいな…。

戦後70年たち、戦地へ行って戦ったような人たちは、90歳を超えた。
だんだん生の声を聞く機会は少なくなっていくんだな。
まだまだ今回ドラマで知ったような誰も知らない史実がたくさんあるんだろう。
日本のために頑張った人たちがいた。
私達は彼らの夢見た未来を生きている。
日本は戦争のない平和な国になった。
沢山の人が望んだ未来になれているんだろうか。
私達も、今の子どもたち、まだ生まれていない子どもたちのために、今よりも美しい日本を目指して、頑張って行きたいね。

演技派をあつめたドラマで、作りも丁寧でよかったと思う。
羽田美智子とか、最後の堀北真希とか、女性たちの華やかな衣装も綺麗でよかった!
ただ、写真を動かしたり、妙な飛行機の演出だったりがよくわからなかった。
なんでああいう演出を取り入れたのか…w
演出家の好みなのかな?
写真のシーンは普通でよかったんじゃないかと思ったけど、ドラマ部分自体は見応えあった。

posted by もも at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

死神は女?『探偵の探偵』#7 感想

『探偵の探偵』
2015年7〜9月期 フジ・木22
第7話 ★★★☆☆(3.5)

《キャスト》
北川景子
川口春奈 三浦貴大
DEAN FUJIOKA
六角真司 伊藤正之 高山侑子
渋谷謙人 芳根涼子 阪田マサノブ
相島一之 中村ゆり
佐戸井けん太 高岡早紀
ユースケ・サンタマリア
井浦新

《視聴率・レビュー》
第1話 11.9%
第2話 7.5% 
第3話 8.7%
第4話 8.7%
第5話 7.4%
第6話 6.5%
第7話 8.2%


第7話「真相解明!夜明けの大乱闘!愛しき刑事に捧ぐ涙」
DV被害女性たちの失踪事件を調べる玲奈。
玲奈は半グレ集団「野放図」に忍び込む。
しかし、女の機転によりバレてしまい捕まる。
DV男たちにレイプされそうになるが、間一髪窪塚に助けられる。
DVして女が逃げたら探偵に見つけさせ、今度は女をみんなでレイプ。
うーん、クズすぎて救いようがない。

玲奈と窪塚の調べにより、DVシェルターの職員とあの日来ていたトラック運転手が半グレ集団の仲間であったことが判明。
職員のパソコンから、今日那須で女性を男性に引き渡すことがわかり、現場へ急ぐ。
現場へ行く途中で、玲奈と窪塚の車はスピード違反で警察に追われる。
警察を那須まで連れて行ったほうが、彼らを逮捕するためには良いと考え、そのまま逃げる。
しかし現場へつく頃には警察はいなくなっていた。

現場では女性たちが逃げまとう。
DV男が追いかけ、地獄絵図。
人数が多くて、玲奈と窪塚だけではどうしようもできない。
女性たちのために半グレ相手に奮闘する玲奈と窪塚。
しかし、窪塚が半グレのリーダーに刺されてしまう。
玲奈がかけつけ、リーダーと揉み合いリーダーの腹部に持っていた刃物が刺さる。
窪塚は刺されまくったから、もう無理だろうな…。
玲奈や窪塚がリーダーと争っている間見てたDV夫の妻の1人は、何か関係があるのか?
意味があるからあそこにいたんだよねえ、多分。

一方玲奈はやっと、野放図のメンバーから「死神」の名前を聞き出せた。
澤柳という女。
まさか死神が女だったとはなあ…。
ちょっと笑ってたDV夫の妻(門脇麦)が死神とか?



posted by もも at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぴょん吉の演説『ど根性ガエル』#6 感想

『ど根性ガエル』
2015年7〜9月期 日テレ・火21
第6話 ★★★☆☆
原作:吉沢やすみ『ど根性ガエル』
脚本:岡田惠和

《キャスト》
松山ケンイチ
満島ひかり 前田敦子
勝地涼 新井浩文
光石研 白羽ゆり
白石加代子 でんでん
薬師丸ひろ子

《視聴率・レビュー》
第6話 7.0%
--------------------
不発弾騒動
ゴリラパン工場の裏で不発弾が発見される。
不発弾は処理されることとなった。
ぴょん吉はどうしても不発弾を見たいと、凧揚げしてもらうw
凧揚げ気持ちよさそうだったな。
ぴょん吉は不発弾の気持ちが知りたくて、見たかったのか?
自分と重ねていたのか?
凧揚げされているぴょん吉をヒロシが放置したせいで、飛ばされてしまうw
案外あっさり見つかってよかったね。

ゴリライモ、出馬
ゴリライモが選挙に出馬。
ヒロシに「本当の俺を語って欲しい」と応援演説を頼む。
ゴリライモを一番知っているのはヒロシだもんね。
あまのじゃくなだけで、ゴリライモのいいところもいっぱい知っている。

応援演説する気満々のヒロシだったけど、当日、声が出なくなってしまう。
ヒロシの代わりに、ぴょん吉が声を出すことに。
本番、ぴょん吉はヒロシの声の代わりをしながら、自分の話しをしていく。

ぴょん吉はついに、「自分が死ぬかもしれない」と打ち明ける。
ゴリライモの応援演説はどうしたw
ゴリライモはこれでいいのか?w
ついに本当のことを知ったヒロシ。
ぴょん吉も今までにないくらい剥がれていたな。

本当に死んじゃうんだろうか…?

posted by もも at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする