にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ banner_21.gif

2015年06月30日

本気のヴァンパイア仮装『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』#6 感想

『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』
2009年9月〜2010年5月 アメリカ・ABC
第6話 ★★★★☆
原題:『Castle Season2』
テレビタイトル:『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン2』


《キャスト》
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン


--------------------

第6話「吸血鬼たちの週末」

アメリカにはすごい人達がいるんだな…
日本にももしかしたらいるかもしれないけど。
普段からヴァンパイアの格好をして、更に牙を差し歯として入れちゃうなんてね。
牙師なんて人もいるとは。
アメリカではヴァンパイアが人気っていうのもあるだろうな。
ヴァンパイア映画やドラマがヒットしているから。

ハロウィンパーティ楽しそうだな。
日本ではコスプレ大会の日だし、アメリカでもそういう側面ありそうだけど、日本よりもみんな家でやるようなイベントだもんね。
日本はコスプレして渋谷やなんかの街に繰り出す日になっている。
Trick or Treatで子どもにお菓子、はあまりやらないな。
みんな気合はいってて面白かった!
ベケットの本気の仮装見たかったなあ。
アレクシスの仮装可愛かった!
友達が酔いつぶれたことを親に言ったら、アレクシスとの関係大丈夫かな?と思ったら案の定ケンカしたみたいだった。
まあ、親に連絡しないとっていうのはわかるけど、ここまでいい子だとアレクシスが学校で「いい子ちゃん」っていじめられちゃわないか心配だわ。

被害者は、見た目はヴァンパイアのようだったけれど、心はちゃんといい子だったんだね。
今の義母が本当の母親を殺したところを目撃なんて、可愛そうだなあ…
ずっと悩んでいたんだろうね。
義母は優しそうに見えたけど、人を殺してその後釜になんて、とんでもない女だったんだな。
お父さんが優しそうなのが救いだろう。。

ポルフィリン病=ヴァンパイア病って割りと有名じゃないのかな?
日本だと沢尻エリカが『タイヨウのうた』をやっていたから有名なだけかな。
アメリカではまだまだマイナーな病気なのかもしれない。
でもあんな見た目で、牙まである男が太陽にあたって「うわあああ」とかなったら「本物のヴァンパイアだ!」ってなっても仕方ないかもしれない。

今回はマシューの絵を興味深そうに見ていたキャッスルが、すごく捜査に役だっていたね!
まあいつも役立って入るけど、今回はわかりやすくGJだった。
マシューの絵うまかったな…。

キャッスルの過去はいつか明かされるだろうか?
母があんなに明るいから、家族関係じゃないのか、哀しいことがあっても明るくしているのか…。
父親のことが出てきてないから父親関係?

posted by もも at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひどい医者!!『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』#5 感想

『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』
2009年9月〜2010年5月 アメリカ・ABC
第5話 ★★★★☆
原題:『Castle Season2』
テレビタイトル:『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン2』


《キャスト》
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン


--------------------

第5話「我が子の秘密」

ひどい事件だ。
産院で医者が遺伝的疾患のある自分の子どもと他人の子を入れ替えて育てていた事件。
疾患を持って生まれたからといって、取り替えるなんて信じられない!
妻を悲しませたくないなんて、言い訳にしか聞こえない。
今まで自分の子として育てていた子が他の人の子で、夫はそのせいで殺人犯って…これからどういう心持ちで生きていけばいいんだ。
子どもにだって人権はあるのに、自分のことしか考えていない!

ベケットとキャッスルのイチャイチャ具合がすごい!
アメドラの主人公同士ってなんでこうなのかしらw
日本だったらさっさと映画にしてくっつけているところだけど、アメリカはドラマはドラマでシリーズ化することが多いね。
長くやると『SATC』みたいに映画化されているけれど。
アメリカは日本よりも映画女優とドラマ女優が分かれているからな。

5話でベケットとの事件は最後になるかもっていう葛藤って、早すぎだよ!
まあ、どうせ一緒に捜査続けるんだろうなと思っていたけど、、w

キャッスルの本読んでみたいわ。

posted by もも at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

本気になったせいで…『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』#4 感想

『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』
2009年9月〜2010年5月 アメリカ・ABC
第4話 ★★★★☆
原題:『Castle Season2』
テレビタイトル:『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン2』


《キャスト》
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン


--------------------

第4話「殺された詐欺師」

詐欺師が殺されたお話。
子どもがワクワク、北極とのネット中継と思って見てる目の前で殺されるなんてひどすぎる。
子どもは目の前で殺人が起こったショックと、撮影場所がNYのアパートだったショックでおかしくなっちゃうんじゃないの!
刺激が強すぎるよ。
あの子たちが心配だ。

令嬢を狙った詐欺と思いきや、殺された詐欺師は本気で令嬢に惚れていて、令嬢と一緒になりたい!お金なんていらない!ってなっちゃったんだね。
今まで先に令嬢のところに潜伏していた協力者にとっては、何言ってんだ!裏切り者って話だよね。
令嬢の父親が被害者を、「娘のことだけは本気だったんだ!」って言っていた時、娘のことだから騙されたのか…と思っていたけど、父も娘も騙されてはいなかったんだね。
厳密には、騙してはいたけど、途中から本気になった。
そのせいで殺されてしまったけれど。

結局北極の詐欺はなんだったんだろう?
本当に子どもたちのために続けていたものだったのかな。

CIAの人面白かったw
消えたのはなんだったんだ…

キャッスルはアレクシスと仲直りできてよかったね。
バイオリンの先生、確かにキャッスルが心配するのも無理ないイケメンだったわ。
元彼とは比べ物にならない大人だしw
でも彼にとってはアレクシスはただの生徒。
それがおばあちゃんであろうと変わりないんだよね。

posted by もも at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哀しい事件。。『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』#3 感想

『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』
2009年9月〜2010年5月 アメリカ・ABC
第3話 ★★★★☆
原題:『Castle Season2』
テレビタイトル:『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン2』


《キャスト》
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン


--------------------

第3話「新人モデルの悲劇」

被害者の友達役が『プリティ・リトル・ライアーズ』のスペンサーの姉・メリッサ!
トーレイ・デヴィートってほかのドラマにも出てたのか。
『ヴァンパイア・ダイアリーズ』、『CSI:マイアミ』。
ずっとブルネットなのかと思っていたけど、ブロンドの時もあるんだね。
ブロンドだと大分雰囲気変わるな。

前髪きったアレクシスもカワイイな。
赤毛が本当に綺麗。

新人モデル殺害事件。
哀しい事件だったな…。
すれ違いが招いた事件。
夫は、モデルの妻が自慢だったのか、嫉妬していたのか。
両方かもしれない。
成功しそうになって、嬉しいけど、寂しい。
人間ってそういうものだ。

最低なカメラマンさえいなければ、夫が妻を殺すことなんてなかったのに。
妻は家に帰ろうとしていたのに。
自分と寝ない女はうまくとらないなんて、最低にも程がある。
腕があるからそんなことできるんだろうけど、プロとしてどうなんだ。

被害者の友達はいろんな人と寝ていたんだな。
トーレイ・デヴィートってこういう嫌な女役すごく似合うw
いじわる顔というかw
綺麗なんだけどね。

ベケットがツンツンしていたのは、自分がモデルになった小説をキャッスルが自分より先に記者の女性に見せたからだったのか!
なんなのベケット!
かわいすぎる!
キャッスルのファンだもんねえ。
ファンだからという以上に、読みたかったんだろうけれど。
ツンデレ最高だな!
キャッスルもキュンキュンしちゃうだろう。

モデルで元ベビーシッターのリサを、キャッスルがアレクシスのために家に招待していて、素敵だった。
娘が一番なところがいいね。
こんなイケメンで優しくて自分大好きでお金持ちなパパ欲しいわ…

posted by もも at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

だまし討はテク『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』#2 感想

『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』
2009年9月〜2010年5月 アメリカ・ABC
第2話 ★★★★☆
原題:『Castle Season2』
テレビタイトル:『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン2』


《キャスト》
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン


--------------------

第2話「2つの殺人事件」

エスポジートとライアンとキャッスルカワイイな。
男同士の友情って本当に羨ましくなる。
こういうバカっぽくて、子どもっぽいところも。
女は入れない壁みたいなのを感じる。
入れないというか、入っちゃいけないというか。
ま、今回はベケットも賭けに参加していたけどねw
まさか参加するとは思わなかった。
参加するとなったらノリノリなのもいいね。

2つの事件が起きて、実はつながっていた!って結構あるけど、わかっていても面白いな。
今回は賭けで競い合ってやってたのに、つながっていたっていうのがよかった。
検視官は参加していなかったのかな?

司法取引ってすごいねえ…
使い方によっては、遺族をがっかりさせるような結果になってしまいものだけど。
今回みたいな使い方すれば主犯を炙り出せるのか。
だまし討みたいだったけども、これも警察のテクか。

アレクシスと彼氏は別れてしまったの?
彼氏は覚えていなかったのに運命の人と再会した!って感動してアレクシスをふったっていうこと?
アレクシスみたいないい子他にいないのに!
見る目のない男だ。
いい子そうな子だったのにな。

posted by もも at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビッチベケット『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』#1 感想

『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き〜 シーズン2』
2009年9月〜2010年5月 アメリカ・ABC
第1話 ★★★★☆
原題:『Castle Season2』
テレビタイトル:『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン2』


《キャスト》
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン


--------------------

第1話「盗まれた死体」

いよいよSeason2。
ベケットの髪型がちょっと変わってる!
髪が伸びたのか?
キャッスルはほとんど変わってないなあ。

前回ベケットの母の新事実を伝えて、「ママについて調べないでって言ったでしょ!」と怒られたキャッスル。
まあでもなんだかんだでベケットもキャッスルに構いたくて仕方がない感じだから、離れたくても離れられないと思うな。
なんていうんだろう、腐れ縁?w
キャッスルはベケットになんだかんだで許してもらえたようでよかったね。
お母さんの事件を忘れようとしても、忘れられるわけない。
司法取引で犯人の罪が軽くなったら辛いというのはわかるけど、解決しないのはもっと辛いだろう。

キャッスルがSeason1よりも警官たちに馴染んでて可愛かった。
特に検視官の人はキャッスルの扱いが雑すぎるw
のほほんと見てたらいきなり車がぶつかって、死体が盗まれたから驚いた。
死体の中に大量の麻薬ってどうやっていれたの?
あの物体を飲んだの?
どうやってあそこから出すつもりだったんだろう。。
アメリカ怖すぎw

今回のベケットのビッチ風演技は、吹き替えミスだな。
吹き替えが下手すぎるよ!
字幕で見たかったw
字幕だったら、英語わからないからどんな風に話し方変えているのとかはわからないだろうけど。
車の前で着替えるベケット、男前だった。

キャッスルの財力のすごさがストレートに出ていたな。
2万ドルが警官の年収の半分って、警官そんな低いのか!
そんなに若造でもないのに。
キャッスルはどの程度儲けてるのかしら。

posted by もも at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

プロムの相手『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き シーズン1』#10(最終回) 感想

『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き シーズン1』
2009年 アメリカ・ABC
第10話(最終話) ★★★★☆
原題:『Castle Season1』
テレビタイトル:『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン1』


《キャスト》
ネイサン・フィリオン
スタナ・カティック
スーザン・サリヴァン
モリー・C・クイン
ジョン・ウエルタス
シーマス・ディーヴァー
タマラ・ジョーンズ
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン


--------------------

第10話(最終話)「始まりへの最終章」

娘のプロムにドギマギするキャッスル、可愛かった!
それにしても、理解のある父親だなあ。
アレクシスがいい娘だから信頼しているんだろうけど。
キャッスル母がウキウキでドレス選んでて楽しそうだった。
母の言うとおり、ピンクよりもあの水色ドレスがアレクシスにはすごく似合っていた。
相手の男の子、いい子そうだったしアレクシスにピッタリだ!
キャッスルはプロムの前に男の子を脅かすためだけにあの白衣と生首を用意したんだなw
陽の目を見ることはなかったけど、結構高そうな生首だったw

今回は形成外科医が殺された事件。
よく「整形外科」って言われるけど、みんなが「整形」といっているのは「形成外科」なんだよねえ。
という、ちょっとどうでもいい話。
途中で疑われた唇おばさん衝撃的だった。
アメリカには結構ああいう顔の整形依存者いるイメージだけど、アメリカの中でもやっぱり「おかしい」っていう位置づけなんだね。
あの人は本当に整形失敗しちゃった人だよね?
どういう気持であの役を演じてたんだろう。

外科医が殺された理由は、証人保護プログラムで保護されている男を手術したからだった。
1話だけかと思ってたFBIのベケット元彼が再登場して驚いた。
こういう風に元カレを使うのかw

結局、看護師の女がマフィアの男を殺そうとしている所を現行犯逮捕。
薬殺に使われる薬なんて、どこで手に入れたんだ?!
マフィアの男は、点滴の先が自分につながってないこと知らなかったのかな?
キャッスルとかが前もって来て点滴をいじったはずだから気づくよね?
警察に言われて演技していたんだろうかw
間に合ってよかったわ。

そして、キャッスルの調べにより、ベケット母の死について新事実が発覚。
ベケットの母は、たまたま殺されたんじゃない。
狙われて殺された可能性が高いとのこと。
ベケットはキャッスルに、自分の母の事件に首を突っ込むなと言っていたけれど…これで2人の仲がダメにならないといいな。

posted by もも at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする